1. ホーム
  2.  > 麻炭
  3.  > Cosmic Hemp麻炭パウダー10g/携帯パック
  1. ホーム  >  麻炭
  2.  > Cosmic Hemp麻炭パウダー10g/携帯パック

Cosmic Hemp麻炭パウダー10g/携帯パック

単品発送の場合 送料¥164(クリックポスト)

「麻炭パウダー」の原料は、大麻草の茎の中の麻幹(おがら)と呼ばれる木質部分です。

品種改良種ではない固定種の麻幹(おがら)を使用。
(栽培地 中国雲南省・自然栽培/最終加工地・宮古島)

この「おがら」で炭を作り、有用微生物の共生体であるEM菌を含む酵素液と混ぜ、還元、活性、熟成し、宮古島の大地、太陽、宇宙エネルギーをいっぱい吸収して、乾燥させ、粉末状にしたものが「麻炭パウダー」となります。

麻炭の最大の特徴は、備長炭のおよそ4倍、孟宗竹の1.6倍もある多孔質性です。多孔質性が高いということは、無数の小さな穴があることであり、これは有害な化学物質などを吸着する力が強いということです。

麻炭の多孔質性は、人工活性炭と大体同じです。

天然素材の麻炭は、人工活性炭を作る際の薬品処理やガス処理を要せずとも微細孔(1〜4nm)を持ち、粉砕機を使わず手で押しつぶすだけで超微粒(1〜10μm)のパウダー状になります。

炭は欧米ではチャコールレメディと言われ、代替医療として医療目的のために広く活用されています。

また日本でも炭を食べる、湿布に使うという文化は古くからあったと言われています。

*国内では炭に食用としての認可はなく、食品添加物(食品添加物リスト332番 木材を炭化して得られた物 製造用材)として収載されています。



★麻炭パウダー使用例


1.飲用する。食間または就寝前に、1日に小さじ1杯〜大さじ1杯、子供はその1/2・幼児は1/4が目安です。

2.お米を炊く直前に混ぜる。2合で小さじ一杯ぐらいが目安です。

3.パンを焼くときに混ぜる。全体の1%ぐらいが目安です。

4.麻炭水を作り、ワインに混ぜたり野菜・食べ物を浸ける。

5.麻炭風呂。1回3〜10gが目安です。

6.麻炭大さじ一杯と塩と混ぜてシャンプーの代わりに頭を洗う。(シャンプーに混ぜても可)

7.麻炭と塩少々を混ぜて歯磨き粉に。(市販の歯磨き粉にかけても可)

8.植木・畑の土に混ぜる。湿布使用後のものでも可。

9.身体に湿布する。足の裏2か所、首の付け根をベースに気になる所へ。


▽ 麻炭湿布の作り方(一例)

炭大さじ1に対し、水10cc前後、塩少々0.85%を混ぜ、タッパで密封してシェイクします。
,2重にしたペーパータオルの上に広げ、5ミリ以上の厚さにのばして、漏れないように折重ねるか、もう1枚使ってうまく包み湿布を作ります。
乾燥を防ぐため、湿布の表面にひと回り大きなビニールかラップをかぶせます。
肌用テープか包帯で患部に固定し、漏れないように注意して貼ってください。
就寝時やお好みの時間帯で5時間〜8時間試してください。
取り外す際はタオルでよく拭いて下さい。必要でしたら新しいシップと交換して下さい。

その他 グラス・鏡・床壁磨き、掃除、洗濯、発酵促進etc.工夫してお試しください。

100g ¥330050g ¥180016g ¥600 もございます。

麻炭セラピー(麻炭の活用方法をまとめた60ページの本もございます)

型番 CH10
販売価格 380円(内税)
購入数
  • ↑
  • ↓

Recommend Item

おすすめ商品の紹介テキストを記載します。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
ヘンプ麻の専門店 ★麻ピリカ★
麻吉
麻の素晴らしさをお伝えしたくお店を運営しています。 どうぞよろしくお願いいたします。
店長日記
Mobile Shop
QR